事業内容Our Business

FRESQUALL(フレスコ―ル): 排水処理の汚泥脱水剤・凝集助剤環 境

こんな問題でお困りでありませんか?

排水処理後の汚泥量・含水率が高すぎる(凝集効率や脱水効率が低い)

世界最低コストで大幅改善します!

PAGE TOP

販売商品

FRESQUALL脱水助剤・凝集助剤

FRESQUALL使用例

フレスコは既存の排水処理システムの能力を向上し、コストを大きく低減するための支援をご提案します。自動炭造機SUMIXとのセット商品で、凝集効果の向上、汚泥脱水効果による汚泥含水率と汚泥量の大幅低減を可能にする独自の仕組みを提供しています。

PAGE TOP

製品について

■FRESQUALL(フレスコ―ル)は自動炭造機SUMIXとセット販売商品

FRESQUALLは、自動炭造機SUMIXとセットで導入する事を前提に、排水処理フローにおける汚泥処理を飛躍的に改善するために開発された商品となります。自動炭造機SUMIXでの汚泥処理の前にFRESQUALLを活用することにより、導入する自動炭造機SUMIXの規模を小さくし(初期投資の低減)、ランニングコストを大きく下げることが可能になります。また、「脱臭効果」も期待されます。

■独自の脱水助剤・凝集助剤

フレスコは、パートナー研究所の独自技術を活用し、世界トップクラスの機能性をもつFRESQUALL/フレスコ―ルという脱水助剤・凝集助剤を専売しています。FRESQUALL脱水助剤・凝集助剤は、汚泥活性法などの排水処理プロセスの中で、汚泥の凝集効率の増加や、減容化、脱水効率の向上(含水率の低下)などの様々な効果をもたらすことが可能な画期的な商品です。

  • (1)FRESQUALL凝集助剤効果 …凝集剤の凝集効果を大きく高め、また、薬品投入量を大幅に減らします。
  • (2)FRESQUALL脱水助剤効果 …汚泥の脱水効果を大きく高め、排出時の含水率を大きく低減します。

■オーガニック製品

特殊製造されたFRESQUALLは、自然由来のオーガニック製品だから安心安全(化学薬品ではない)

PAGE TOP

使用フロー図

■FRESQUALL 使用フロー図 (フロー図参照)

  • (1)FRESQUALL凝集助剤と脱水助剤は、特別な場合を除き、同一の物です。凝集助剤及び脱水助剤の両方の機能を発揮させるためには、フロック槽に投入します。このとき、一部が浮く可能性があるので、廃水処理システムによっては適さない場合有ります。その場合も、特別な仕様のFRESQUALLをご提供可能です。
  • (2)脱水助剤としてだけで機能させる場合は汚泥槽への投入で問題ありません。
  • (3)脱水効果は、汚泥の性状、凝集剤との相性、FRESQUALLの添加量、脱水圧力等で異なります。

これにより、効果としては、スラッジの含水率低下により、炭造機投入運転時のランニングコスト低下が見込めます。また、既存の凝集剤の投入量が減り、凝集剤コスト削減も期待されます。

PAGE TOP

脱水・凝集効果の実証試験と結果

行政実証事業の中でFRESQUALL凝集助剤・脱水助剤が使用されました。この実証試験において、フロック槽、凝集沈殿槽、汚泥槽一体型の汚濁水処理システムを対象として、その脱水と凝集効果が確かめられています。

とくに、この実験では、驚くほど大きな脱水効果が認めらました。スラッジ(汚泥)を圧縮脱水したところ(圧縮時の圧力は最終処分場の振動転圧ローラーを想定)、FRESQUALL凝集・脱水助剤を投入しなかった場合は、圧縮脱水前の含水率が89.0%、圧縮脱水後の含水率が75.0%でした。しかし、FRESQUALL凝集・脱水助剤を投入した場合は圧縮脱水前の含水率が80.2%で、圧縮脱水後の含水率が37.5%にまで下がりました。この脱水助剤の能力は顧客へ経済的に大きなメリットを与えるものです。あくまで、同実証試験の条件下の数字ですが、これだけの凝集と脱水の改善効果を(しかも低価格で)実現できる凝集助剤、脱水助剤は他には存在しないと言っても過言ではないでしょう。

  • ・フロック槽、凝集沈殿槽、汚泥槽一体型の汚濁水処理システムで実証。
  • ・特殊製造したFRESQUALLの加工製品が、凝集助材・脱水助材として機能する事を確認。

スラッジ脱水(圧縮)前

スラッジ脱水(圧縮)試験

  • ・圧力は、最終処分場の振動転圧ローラーを想定。
  • ・当助剤無添加の場合は、圧力を上げても限界あり。
  • ・当助剤を添加したスラッジは大きく含水率低下。
  • → 一般工場汚泥の脱水効果の可能性を示唆。

粉末凝集剤のみ

粉末凝集剤+FRESQUALL

左から汚染泥水(5,000 ppm)、粉末凝集剤+FRESQUALL(500、1,000、2,000 mg/L)

  • ・FRESQUALLが凝集助剤として機能していることを確認。
  • ・粉末凝集剤だけのフロックよりも大きなフロック径が形成され、濾布等の目詰まりも軽減される
  • ・FRESQUALL凝集助剤と粉末凝集剤には泥水に応じた相性がある。

【導入決定の事前試験の必要性】

実際の導入に先立ち、まずは、顧客ごとで現状の設備での「事前試験」を実施し、有効性を確認する必要がございます。自動炭造機SUMIXとの併用が前提として、ご興味がありまいたら、お気軽にお問合せください。

PAGE TOP

お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ

052-253-8225TEL:Mon-Fri 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ