事業内容Our Business

高機能炭(SUMIX炭)販売/環境改善剤、農業改善剤、燃料環 境

フレスコは、パートナー独自の特許炭化技術を活用し、世界トップクラスの機能性をもつ「SUMIX炭」関連製品を専売しています。自動炭造機SUMIXで培った炭化特許技術の活用に加え、用途ごとに「原料」や「製造プロセス」にもこだわって作られた独自商材SUMIX炭を以下にご紹介していきます。フレスコのSUMIX炭は、環境商材、農業商材、燃料素材、など、さまざまな分野で、他のあらゆる活性炭・高級炭を凌駕する効果を発揮します。SUMIX炭は、いわゆる「高性能・万能活性炭」です。

販売商品概要

SUMIX炭の最大の特徴は、多孔質性と呼ばれるきめ細かい無数の穴に形成されたその構造にあります。また、次いで、エネルギーそのものである石炭を上回る重量単位熱量も保持しうることも大きな特徴です。これらの特徴を活かして、SUMIX炭を、SUMIX油吸着剤、SUMIX消臭剤、SUMIX調質剤、SUMIX土壌改良剤・肥料、SUMIX燃料炭、SUMIXペレット添加剤として加工し、それぞれの費用対効果においては他社製品を遥かに凌ぐものです。

SUMIX炭のブランド品質保証マーク

SUMIX炭の多孔質性(杉炭)

SUMIX炭の多孔質性(珈琲)

SUMIX油吸着材

PAGE TOP

製品ラインナップ

SUMIX炭は、後述で説明する通り、その多孔質性と炭素率の高さにより、実際に市販されている様々な商品と比較しても、圧倒的により優れた機能を備えています。コストパフォーマンスにおいてもいずれも他炭製品とは比べ物にならないほど高いと明言できる製品群です。

■SUMIX炭加工製品ラインナップ (製品詳細は)

  1. 1.SUMIX油吸着炭 (劇的な油吸着効果)
  2. 2.SUMIX消臭剤 (劇的な脱臭効果)
  3. 3.SUMIX調湿剤 (劇的な調湿効果)
  4. 4.SUMIX土壌改良材・肥料炭 (劇的な育苗育成効果や植物育成効果)
  5. 5.SUMIX鮮度保持剤 (劇的な鮮度保持効果)
  6. 6.SUMIX除染剤 (劇的な汚染物質除去効果)
  7. 7.SUMIX燃料炭 (劇的な廃棄物炭の熱量)
  8. 8.SUMIXペレット添加材 (木質ペレットの劇的な耐水性向上、さらに熱量も向上)

(1) SUMIX油吸着炭

SUMIX油吸着炭は、他社製品と比べても、圧倒的な油吸着能力を示します。
SUMIX炭の油吸着能力を他の高級炭と比較した実証試験では、市販されている備長炭や竹炭の高価格帯商品(1,000円/kg~3,000/kgの高級品)と比べても、10倍前後の油吸着能力を発揮することがわかっています。また、他社の油吸着材の某メジャー商品(油吸着専用の商品)との油吸着比較実証試験においても、SUMIX炭が圧倒的に他社製品の油吸着能力を上回っています。
SUMIX油吸着炭の特徴としては、「重量当たりの吸着倍率が高い」「油吸着スピードが速い」「薄い油膜(ギラツキ)を素早くとる」などの特徴があります。たとえば、飲食店などのグリストラップの水質浄化でも威力を発揮します。また、吸着後は、油と炭の混合体であるため、燃料として使用することも可能となります。

SUMIX炭の油吸着能力(高級炭との比較)

油吸着量試験(VSメジャー油吸着材)(1)

油吸着量試験(VSメジャー油吸着材)(2)

PAGE TOP

(2) SUMIX消臭剤

SUMIX消臭剤(臭気除去炭)は、他社製品と比較し、非常に優れた臭気除去性能を示します。
SUMIX炭の油吸着能力を他の高級炭と比較した実証試験では、市販されている備長炭や竹炭の高価格帯商品(1,000円/kg~3,000/kgの高級品)と比べても、アンモニアガスや酢酸ガスの除去率、つまり吸着能力において、3倍~10倍近い効果を発揮することが実証されています。つまりは消臭力が高いということです。
もちろん、SUMIX炭が臭気除去することができる対象は、アンモニアガスや酢酸ガスだけではありません。有機物から想定される臭気、つまり、動物性・植物性廃棄物の腐敗によるあらゆる特定悪臭物質に効果的です。SUMIX炭は以下の様なガス、臭いに対して、臭気除去材として機能します。

【消臭可能な対象の例(有機物から想定される臭気の種類)】
  • ・アンモニア(し尿のような臭い)
  • ・メチルメルカプタン(腐った玉ねぎのような臭い)
  • ・硫化水素(腐った卵のような臭い)
  • ・硫化メチル、二硫化メチル(腐ったキャベツのような臭い)
  • ・ノルマル酪酸(汗臭いにおい)
  • ・ノルマル吉草酸(むれた靴下のような臭い)
  • ・イソ吉草酸(むれた靴下のような臭い)
  • ・この他に廃棄物の中に魚介類が入っている場合はトリメチルアミンやアルデヒド類の臭気が考えられる。

また、製造方法を変えることで、SUMIX炭の官能基を残しての化学吸着と細かいミクロ孔による物理吸着の併用も可能です。消臭対象にあわせて、より効果を高い方法を提案することもできます。

アンモニアガス吸着能力比較(高級炭との比較)調湿能力比較(VSメジャー市販品)

酢酸ガス吸着能力比較(高級炭との比較)

「もみ殻炭で悪臭軽減」河北新報 2011年9月10日

2011年8月16日 TV報道番組『籾殻炭消臭効果(東日本放送ダイジェスト3)』放映

PAGE TOP

(3) SUMIX調湿剤

SUMIX調質剤は、他社製品と比べても、圧倒的な湿度調整能力を示します。
SUMIX調質剤の調湿効果は、産業技術総合センター「超低温恒温恒湿槽」をもちいて、市販のメジャーな調質材と比較した実証実験で裏付けられています。この実証試験において、湿度50%→75%→50%、50%→90%→50%における吸湿、放湿量を電子天秤で計量し試料100gあたりの吸放湿量を測定した結果、SUMIX調湿剤は市販品をはるかに凌駕して2~3倍の調湿能力を発揮することが実証されています。

■調質材の必要性
近年主流の高気密住宅は、気密性が高い為室内と屋外の温度差による結露が発生しやすくなっています。そんな中住宅の快適性に空気環境が注目され、平成19年に(社)日本建材・住宅設備産業協会が吸放湿材料の中でも、湿度を中湿(概ね相対湿度40~60%)に維持させる一定の性能を持った建材を「調湿建材」という新しい呼び方で認定する制度「調湿建材登録・表示制度」を制定しました。「調湿」が特殊な機能ではなく住宅に必要不可欠なファクターであるという流れになっています。
【住宅の調湿の必要性】(床下・天井・室内・押入れ・タンス)
  • ・高湿条件下での必要性: アレルギーの防止、カビの生育防止、耐久性の維持
  • ・低湿条件下での必要性: 木材収縮防止、室内乾燥によるインフルエンザ等菌、ウイルス防止

PAGE TOP

(4) SUMIX土壌改良材・肥料炭

SUMIX土壌改良材・肥料炭は、他社製品(たとえば市販のくん炭肥料)と比べても、圧倒的な自然農法への寄与力を示します。
たとえば、SUMIX土壌改良材・肥料炭は、育苗の育成効果を大きく向上させることが可能です。某育苗センターと共同で行った稲の育苗を使った実証実験では、通常、農業事業者がお金を出して購入している滅菌培土にSUMIX炭を混ぜた二種類の苗(SUMIX炭1:滅菌培土2と、SUMIX炭2:滅菌培土1の二種類の比率)と、通常の有価の滅菌培土だけの苗、さらに無料で手に入る田んぼの土の四種類の苗で、千以上のサンプル苗数を使って育苗効果を実証しました。その結果、SUMIX炭を多く混ぜた苗(SUMIX炭2:滅菌培土1)が、圧倒的に育苗効果が高いことが明らかになっています。このとき、SUMIX炭を混ぜた苗と通常の滅菌培土の植物の根の張り具合は、まるで違う種類の植物かと思うほど、SUMIX炭を混ぜた苗の根の方が力強く育成されていました。
他にも、コマツナを使った植物生育試験では、ただの土、くん炭肥料入りの土壌と比較し、SUMIX炭を5%だけ添加した土壌のコマツナが、他と比較して群を抜いて素晴らしい根張り(根の平均重量)を見せました。
SUMIX土壌改良材・肥料炭は、土壌に対してその他の機能も多くもっており、低温時には地温2~3度温め、高温時には3~4度下げます。また、保水性を向上させて、肥持ちを良くします。炭の育苗効果は、稲だけでなく、キュウリ、トマト、スイカ、メロン、カボチャ、ピーマン、ナス、キャベツ、白菜、インゲン等々、あらゆる穀物、野菜、果実の育成に効果は発揮します。

育苗培土実証試験

植物生育試験

PAGE TOP

(5) SUMIX鮮度保持剤

SUMIX鮮度保持剤は、他社製品(たとえば高級な活性炭)と比べても、非常に優れた鮮度保持性能を示します。野菜や果物が自ら出すエチレンガスは、その野菜や果物を熟させ、そのまま腐らせます。SUMIX鮮度保持剤はそのエチレンガスを吸着する能力が非常に優れており、野菜や果物の鮮度を長期間保つことができます。
ハノイ工科大学(ヴェトナム)・Thao教授によるSUMIX鮮度保持剤の鮮度保持効果実証試験では、世界的な最大手の活性炭メーカーの高級活性炭を使用した場合と、SUMIX鮮度保持剤を使用した場合、そして何もしない場合の3パターンで果物を1週間放置するという単純な方法で、鮮度保持効果を比較検証しました。何もしない場合は、果物は変色し、見た目ですぐに腐敗していることがわかります。高級活性炭を使用した場合には、見た目はほとんど変化ありませんでしたが、触ると指の跡が付くくらいには、柔らかくなっていました。しかし、SUMIX鮮度保持剤を利用した場合は、触ってもわからない程、鮮度が保たれていることが実証されました。
一般的に、エチレンコントロール材は非常に高価ですが、SUMIX鮮度保持剤を使用する事で、大きくコストを抑えて鮮度保持機能を実現することができます。

PAGE TOP

(6) SUMIX除染剤

SUMIX除染剤は、「放射性物質セシウム」を吸着除去することができる画期的な除染剤です。SUMIX除染剤はその多孔質性の構造により、セシウムイオンの吸着とコロイド微粒子のろ過が可能です。これは、他の活性炭には見られないSUMIX炭ならではの画期的な機能です。このSUMIX除染剤のセシウム吸着効果が行政に大きく着目され、東日本大震災での原子力発電所の事故後に環境省が公募していた「2012年度除染技術実証事業」に採択され、高い評価を得ています。

「セシウム吸着効果を確認」循環経済新聞 2012年11月12日

「除染技術実証事業の概要」月刊ビジネスアイ エネコ 2013年1月号

「農業ため池除染」日経新聞 2014年5月15日

PAGE TOP

(7) SUMIX燃料炭

SUMIX燃料炭は、他社製品(たとえば市販の練炭や豆炭)と比べても、豊富な熱量を備えています。SUMIX燃料炭は、用途を明確にすることにより、格安での製造が可能であるため、通常の同程度のカロリーの燃料を入手するよりもはるかにコストパフォーマンスが良い燃料を手に入れる事が可能です。
たとえば、廃棄物であるコーヒーを抽出した後の珈琲粕(含水率65%程度)から作ったSUMIX燃料炭は、7,250kcal/kgにも達します。これがどれほどの熱量かというと、市販されている練炭(約5500kcal/kg)や豆炭(約6,000kcal/kg)、それどころか、エネルギー原料そのものの石炭(約6,350kcal/kg)をもはるかに上回る熱量なのです。
レジャー用途や調理用途、暖房用途などのあらゆる用途で、燃料炭を大量または継続的に入手する必要がある場合は、一度、お問い合わせください。

PAGE TOP

(8) SUMIXペレット添加材

SUMIXペレット添加材は、「耐水性」「保存性」「発熱量」の面で非常に高性能な木質ペレットを製造するためのオリジナル原料です。比較的安価に入手できるSUMIXペレット添加材を添加したペレットは、独自のブランドペレットとして販売することも可能となります。
SUMIXペレット添加材を20%添加してペレットを製造すると、「耐水性」「保存性」「発熱量」が大きく向上することがすでに実証されています。通常、市販されている木質ペレットは、空気中の湿気を吸い取ることで劣化してバラバラになってしまい、燃料ペレットとして使用不可能になってしまうことも少なくありません。木質ペレットには「粉になりやすく燃焼効率が低下する」「湿気を吸うと形が崩れる」「湿気を吸うと発熱量が下がる」という弱みがあります。
そこで、木質ペレットに約20%のSUMIXペレット添加炭を添加すると、水に浸しても形が崩れないくらいペレットの耐水性が向上します。さらに、このSUMIX炭添加ペレットは、重量当たりの発熱量も向上しています。SUMIXペレット添加剤(燃料添加炭)により木質ペレットは「耐水性」「保存性」「発熱量」が大きく向上するのです。

SUMIX炭添加済み木質ペレット

SUMIX炭のペレット添加効果

※各製品の価格・詳細情報・サンプルなどは問合せフォームよりご用命ください。

PAGE TOP

製品の特徴 「多孔質性」と「比表面積」

■多孔質性
SUMIX炭の一つの大きな特徴は、優れた多孔質性にあります。炭の表面にある細かい穴には、それぞれ大きさによって以下の様に3種類の区別がなされます。
  1. (1) マクロ孔:50nm < φ
  2. (2) メソ孔:2nm < φ < 50nm
  3. (3) ミクロ孔:φ < 2nm

炭の多孔質性は、このうちの(3)の2nm(ナノメートル)未満のミクロ孔がどれほど発達したものか、ということが最も重要な点となります。SUMIX炭はこのミクロ孔を発達させるための複数の特許技術製法を活用した商材です。このきめ細やかなミクロ孔を無数に持つ構造が、環境改善用途や農業利用でのSUMIX炭の価値を生み出しているのです。

■比表面積
SUMIX炭は、その多孔質性により、広大な比表面積を有します。たとえば、1,000円/kg~3,000円/kgの高級炭である竹炭や備長炭と比べても、圧倒的に広い比表面積をもっています。
具体的な数字で比較していくと、まず、製造残差の桐の端材から作ったSUMIX桐炭は1g当たり664.3m2の比表面積(テニスコート約3面分)を有します。これに比べて、高級備長炭の比表面積は1g当たり30~40m2であり、SUMIX桐炭は約20倍もの面積を有することになります。他にも、同じ籾殻から作った場合、廃棄物の籾殻から作ったSUMIX籾殻炭と、市販の籾殻くん炭では、1g当たりの比表面積は前者が328.1m2、後者が1.4m2と、SUMIX籾殻炭の方が市販の籾殻くん炭より約230倍以上も比表面積が広いことがわかっています。
【比表面積とは】
比表面積(specific surface)とは、ある物体について単位質量あたりの表面積または単位体積あたりの表面積のことです。界面に関する学問、界面化学やコロイド化学、あるいは触媒化学などで主に使われる指標です。
触媒などの、表面の活性が重要となるものにおいては表面の多さがその活性と直結する。そして質量や体積はその物体を購入するコスト、あるいはその物体が占める空間に関連している。このため比表面積は大きいほうが触媒としての機能がよいと言えます。

PAGE TOP

メリット

  • ・農業事業者の生産効率の向上
  • ・環境改善時のコストパフォーマンスの大幅な向上
  • ・排水処理や除染事業での新手法
  • ・建材の調湿性能の向上
  • ・果物や野菜の鮮度保持、保存期間の長期化、商品ロスの低減
  • ・より効率的な燃料の確保
  • ・木質ペレットの性能(耐水性・保存性・発熱量)

対象

  • ・農業生産市場、育苗センター、肥料販売事業者
  • ・環境改善を行う企業、社会団体、地方自治体
  • ・排水処理業者、除染事業者
  • ・ホームセンター、レジャー用品店
  • ・果物や野菜を扱う卸業者、小売業者
  • ・燃焼を使用する企業群
  • ・発電所
  • ・木質ペレットメーカー

PAGE TOP

お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ

052-253-8225TEL:Mon-Fri 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ