事業内容Our Business

自動炭造機SUMIX
および類似機(次世代バイオマスボイラー、廃プラ高速炭化装置)環 境

こんな問題でお困りでありませんか?

含水率の高い「排水汚泥、食品原料の粕、農作廃棄、鶏糞など」の
廃棄料を多額に払っていませんか?

廃棄費用をゼロにして、低コストで、高品質な炭を作ります

PAGE TOP

販売商品

フレスコは、自動炭造機SUMIXとその類似機種の高速乾燥機、さらにSUMIXの廃熱を利用して蒸気製造(バイオマスボイラー機能付きSUMIX)を、専売元として供給しています。

自動炭造機(SUMIX)

自動炭造機(SUMIX)

高速乾燥装置(類似機)

高速乾燥装置(類似機)

バイオマスボイラー(廃熱利用)

バイオマスボイラー(廃熱利用)

高品質なSUMIX炭(有価物として販売可能)

高品質なSUMIX炭(有価物として販売可能)

PAGE TOP

製品の特徴・強み

自動炭造機SUMIXは顧客から出るあらゆる廃棄物(金属以外)を「(焼却は一切せずに)無酸素状態で高温で蒸す」ことにより排出量を減らし、高品質で買取保証のつく有価炭(SUMIX炭)を製造する画期的な特許技術を用いた設備です。

【自動炭造機SUMIXの特徴・メリット】

  • 製造される炭の品質が非常に良く、買取保証が可能。※SUMIX炭の高付加価値については、農林水産省「緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」(行政報告書あり)【PDF】」や宮城県農林水産部「産業廃棄物炭化新素材開発事業」に採択され、種々の実証試験をされた結果、高評価を受けている
  • ランニングコストの大幅低減の機能あり(処理物から発生するガスを自己燃料化する仕組みを搭載)。※処理物によるが、燃料費がゼロになるケースも複数あり。
  • 熱源にも利用価値がある。(蒸気、温水、温風が製造可能)
  • 補助金の申請が可能である
  • 高含水率の廃棄物(たとえ水)であっても処理可能
  • 設備品質が高く不具合がほぼない(返品されたことは過去に一度もなし)
  • 行政申請において、焼却炉としての設置許可が不要となるケースも多い。実際の機構としては、有価物を製造する炭製造装置(熱分解手法)であり、焼却炉ではない。多くのケースで特殊肥料登録が可能。処理物を焼却するのではなく、無酸素状態で高温で蒸す設備。発生ガスも有価値なエネルギー原として再利用し、化石燃料の使用量を減らす。
  • 行政委託事業も受託実績あり.経済産業省の行政委託実証事業『燃える一般廃棄物の炭化加工による、低コスト・低炭素型地域社会の構築 【PDF】』に採択され、高い評価を受けた新技術(行政報告書あり)
  • 食品リサイクル法の準拠(食品リサイクル法の指定に「炭化」もあり)
  • CO2削減効果あり(経済産業省の行政委託事業において35%削減を実証されている)
  • 完全脱臭機能を備えている
  • 排ガスがクリーンで、行政の排ガス規制をクリアすることが実証済み。ダイオキシンも一切発生しない

それぞれの特徴・メリットについては、当ページの下部でさらに説明しています。

PAGE TOP

製品について

【1.処理物の幅の広さ(高含水率、汚泥、廃プラなど)】

自動炭造機はあらゆるものを処理する事が可能です。含水物が非常に高い排水汚泥や動植物残渣、畜糞、さらには廃油、廃液そのものも問題なく処理することができます。また、それらの処理物が混ざっていても処理可能です。

  • (1)排水汚泥(活性汚泥法によるものなど)
  • (2)飲料の原料の残渣(オレンジなどの果物の搾り粕、お茶粕、コーヒー粕など)
  • (3)食料の原料の残渣(しょうゆの大豆粕、お菓子の団子粕など)
  • (4)生活用品の原料の残渣(製紙スラッジなど)
  • (5)段ボール等の紙や木屑、草
  • (6)プラスチックなどの樹脂製品のゴミ
  • (7)生ごみ、飲食店のゴミ(ナイロン、割り箸、生ものの混合物など)
  • (8)規格外の製品の処理(パック済み、梱包済みの製品など)
  • (9)使用済みおむつ
  • (10)家畜の糞(ブロイラー鶏糞、レイヤー鶏糞、牛糞、豚糞など)

基本的には、金属以外で、破砕機(クラッシャー)、切断機などで細かくできるものであれば、どのような物でも投入可能です。 金属は、釘やクリップ、ホッチキスなど、小さいものであれば混入していても問題ありません。金属は、炭化されずにそのまま出てきます。もちろん、金づちなどの破砕機の刃がこぼれる様なものは投入できません。

【2.燃料・ランニングコストの大幅低減システム】

自動炭造機SUMIXは、運転コスト(燃料)が、立上げの1時間以外は大幅に低減する事が可能です。
始動約1時間は炭造機内部を温めるためにガス等のエネルギーが必要ですが、その後、処理物が高温で蒸されてSUMIX炭が製造される過程において、「処理物から発生する乾溜ガスを有価ガスとして自己燃料化する仕組み」(付帯個別設備)を連結しており、その乾溜ガスの分だけ、化石燃料の使用を削減することができます。この有価値な乾溜ガスには、メタンや水素、炭化水素が含まれており、エネルギー価値が高いガスです。その乾溜ガスによって自燃するため、ガスの発生分だけの化石燃料の使用を大幅に減らすことなり、結果的に大幅なコストダウンができるというシステムになっています(乾溜ガスの発生量は処理物の種類や含水量による)。この点においても、「非常にエコな設備」となります。実際に含水率50%のブロイラーの鶏糞の実証試験では、一度設備が温まると、発生する乾溜ガスだけで完全に自燃して処理・運転が進み、燃料が不要(燃料ランニングコストが実際にゼロ)になりました。
尚、炭造機の使用燃料は、都市ガス、LPG、灯油、A重油、メタンガス(バイオガス)等、どのようなものでも対応可能です。

【3.有価物の製造/(1)高級炭 (2)利用可能な熱】

  • (1)SUMIX炭は高級炭

自動炭造機SUMIXで製造されたSUMIX炭には、右記の「品質保証マーク」を付与できます。一定の量が製造される場合、品質保証マークの付与されたSUMIX炭であれば、フレスコのコネクションにより、「有価での買取保証」を取り付けられる引取業者を、設備の導入までに(購入決定時)

燃料利用としては、産廃されている珈琲粕(含水率65%)から作ったSUMIX炭は7,250kcal/kgを誇り、燃料用として販売されている練炭や豆炭、さらには燃料そのものである石炭(約6,500kcal/kg)をも上回ることが実証されております。

農業利用としては、SUMIX炭の有能性はすでに実証試験による立証データが存在しています。これにより、育苗土壌や肥料、土壌改良材としての販売先が紹介可能です。

環境商材としても、SUMIX炭は非常にきめ細やかな穴(いわゆるメソ孔とよばれ2nm以下の大きさ)まで発達していて品質が高いことにより、販売が可能になります。臭気吸着剤や油・汚染物質の吸着剤、調質剤、果物や鮮度保持剤などの活性炭としての能力において、通常の高価な有名製品に比べて、SUMIX炭が5~何十倍もの能力を発揮する素晴らしい環境商材としての価値を持つことが実証されております。

  • (2)廃熱を有効利用(蒸気・温水・温風の製造)

自動炭造機SUMIXは熱分解設備で製造されたガス(乾留ガス)から熱を生み出しますが、その廃熱を利用することで蒸気や温水、温風を作り出すことが可能です。具体的には、自動炭造機の付帯設備として、廃熱ボイラーを連結させることができます。処理物を直接燃焼せずに蒸気を製造できる「次世代型バイオマスボイラー」としても注目を浴びております。 そのため、処理物から製造されるSUMIX炭だけでなく、設置場所内で、温水や蒸気が使いたい要望にも応えることが可能です。とくに、既存のボイラー設備を有する製造工場では、自動炭造機の廃熱ボイラーから蒸気や温水を製造すれば、その分だけ、既存ボイラーに使用する化石燃料(A重油や都市ガス、LPGなど)を節約することができます。 この廃熱の利用により、より環境に優しい「エコ効果」を実現します。

【4.排ガスの安全性・完全脱臭機能】

  • ■排ガス規制クリア(ダイオキシンの完全分解機能も含む)

自動炭造機SUMIXの排気は、行政の排ガス規制をクリアすることが実証されています。ダイオキシンについても、ガス処理が800度程度の高温(2秒以上)でなされるため、完全分解され一切発生しません。そのため、自動炭造機の排気はクリーンです。

  • ■完全脱臭機能

自動炭造機SUMIXは、処理物を炭化させる時に発生したガスを熱回収ガス装置において、かなりの高温で処理するため、「完全脱臭機能」を実現しています。すべての臭気の成分が完全分解される仕組みです。

【5.次世代型炭化装置(旧来の炭化炉・炭化装置との相違点)】

自動炭造機SUMIXは「無酸素状態で、高温で蒸して炭(SUMIX炭)を作り出す」ことが最大の特徴です。従来の焼却炉や炭化炉とは違い、特に含水率の高い排水汚泥やお茶粕などの製造原料残渣、レイヤー鶏糞などで効果を発揮し、次世代型の炭化装置として大変注目を浴びています。
とくに、旧来の炭化炉・炭化装置や焼却炉での大きな問題点を、最新特許技術ですべて解決した装置です。旧来の炭化炉・炭化装置や焼却炉との最大の違いは以下の点です。

  • (1)非常に高品質の炭ができ、実際に販売が可能
      (⇒低品質な炭または灰しか作れず、実際には販売できない設備が多かった)
  • (2)タール問題が発生しない
      (⇒処理物からタールが発生し、それにより故障する設備が多かった)
  • (3)煤問題が発生しない
      (⇒装置やその付近、作業者が煤まみれにいなる設備が多かった)
  • (4)排ガスがクリーン
      (⇒実際には、ほとんどすべて燃焼しているだけの設備が多かった)

【6.行政申請における設備の申請区分「有価炭製造装置(特殊肥料・工業汚泥肥料)」】

自動炭造機SUMIXは、焼却炉としての設置許可を回避できる設備となります。
自動炭造機SUMIXは廃棄物を焼却するのではなく、無酸素雰囲気状態の中で、高温で蒸して炭化を行い、販売するための高品質な炭を製造することに特化した新技術を採用している設備です。廃棄物処理施設・焼却炉とは目的も仕組みも違います。
とくに、製造物が高品質であるため、製造した炭の「特殊肥料登録」や「工業汚泥登録」がほとんどのケースで可能であり、これにより有価物の製造装置としての申請をすることで、「焼却炉に求められる設置許可を回避する」ことが可能です。
処理物から発生する乾溜ガスにおいても、有価値なエネルギーガス(メタンガスや水素を含むもの)として再利用しており、化石燃料の使用量を大幅に減らします。

【7.環境面でも評価が高い。行政報告書では「低炭素社会を実現する新技術」】

経済産業省の行政委託実証事業『燃える一般廃棄物の炭化加工による、低コスト・低炭素型地域社会の構築』に採択され、結果として二酸化炭素CO2を35%低減することが実証されており、正式な報告書も公開されています。低炭素社会を実現する新しいエコ設備として紹介されています。 また、経済産業省の増子輝彦副大臣による本事業・炭化加工実証の施設視察(2009年11月14日)も受け、高い評価をいただいています。

【8.超高速乾燥機、廃プラ処理機としての利用】

自動炭造機の設定温度を変えれば、「超高速乾燥機」として利用することも可能です。これにより、高含水率の汚泥や動植物性残差、畜糞などでも、含水率が9%未満(乾燥物の自然状態での含水率程度)まで数十分で乾燥する事が可能です。
また設計を少し変えれば、廃棄プラスチック(樹脂系廃棄物)専用の処理装置としても活躍します。廃プラはほとんどがガス化するため、そのガスを再利用する仕組みを活用することで、化石燃料の使用がほとんどなくなり、エコな利用方法が提案可能です。

【9.安心できる製品品質・メンテナンスサービス・大手製造委託先】

自動炭造機SUMIXには、大変画期的な特許技術が複数搭載されていますが、構造自体は至ってシンプルです。そのため、最低でも15年は故障することなく稼働します。
製造は、大手OEMメーカーへ委託しています。この製造委託先企業の子会社にメンテナンスサービス会社があり、同子会社が全国にサービス拠点を構えているため、自動炭造機においても全国でのメンテナンス対応が問題なく可能です。

【10.導入実績】

東証一部の大手メーカーや行政機関(某市役所)へも導入実績があります。今まで不良・不具合による設備の返却は一度もありません。また、海外からも受注実績があります。

【11.日常メンテナンスの少なさ】

自動炭造機SUMIXに導入されている熱分解手法は、処理物を巻き上げることなく、静かに且つ熱を維持したまままんべんなく加熱する為、煤が飛散することはありません。に分解します。

日常必要なメンテナンスは、使用後に、15分程、上部にある細い配管の内部に付着した煤を専用の清掃棒で掻き出すことだけです。キルン(廃棄物を炭化させる配管)から出た乾留ガスが、連結されているガス再利用設備に至るまでの配管経路内で、特に運転開始と運転終了時の配管温度が低い時に固体タールが配管内壁に一部付着します。それを掻き出します。ただ、固体タールで付着するため、掻き出すことが簡単なのでメンテナンスが大変容易で且つ短時間で終了します。(これもタールが発生する処理物に限る)

【12.補助金の申請について】

自動炭造機SUMIXは、経済産業省や環境省から出される補助金(バイオマス関連、再生エネルギー関連)に申請が可能な設備となります。補助金は名前と内容が毎年少しずつ変わりますが、基本的に毎年募集があります。そのため、将来的にも同じような補助金の募集があった際に、申請が可能と考えられます。

設備の仕様表

自動炭造機SUMIXは、型種によって設備の仕様が決まっています。

sumixchart

PAGE TOP

「SUMIX炭」の価値の高さ

SUMIX炭の特徴として、炭としての品質が非常に良く、製造した炭にブランドがつき、量がある程度製造できる場合は買取保証をつけることができます。中でも大きな特徴は、その特許技術により、きめ細やかな多孔質性の構造を持つ炭が製造できることです。2nm以下のミクロ孔と呼ばれる最小クラスの穴まで発達させることができ、これにより、農業用や環境商材としての炭の価値を発揮する事ができます。

また、旧来炭化装置と比較しても、かなりカロリーの高い炭を製造できます。これにより燃料用途においても価値が高い商材の原料となります。
SUMIX炭の強みは、燃料利用、農業利用、環境商材といて価値が高く、さらにその価値が実証試験によって立証されており、データが存在することにあります。そのため、ブランドと引取先が存在するのです。

  • ■SUMIX炭の利用方法
  • 燃料炭
  • 肥料
  • 育苗土壌
  • 土壌改良剤
  • 油吸着剤
  • 脱臭炭
  • 調湿炭(または吸湿剤)
  • 鮮度保持剤
  • ■SUMIX炭の付加価値の高さに対する行政委託事業での実証

SUMIX炭の付加価値の高さは、農林水産省「平成23年度 緑と水の環境技術革命プロジェクト事業(もみ殻の炭)」や宮城県農林水産部農産園芸環境課「平成27年度産業廃棄物炭化新素材開発事業(食品残渣の炭)」に採択され、様々な実証試験・分析がされた結果、非常に高い評価を得ています。

【1.燃料利用価値: SUMIX炭の圧倒的な発熱量】

SUMIX炭は炭素率が高く、発熱量(重量当たりのカロリー)が高いことが一つの特徴です。そのため、燃料利用が可能となります。

燃料利用としては、産廃されている珈琲粕(含水率65%)から作ったSUMIX炭は7,250kcal/kgを誇り、燃料用として販売されている練炭や豆炭、さらには燃料そのものである石炭(約6,500kcal/kg)をも上回ることが実証されております。 他にも、同じ処理物を、旧来の炭化する炉で炭にした場合と比べ、2倍以上のカロリーを有する炭を作ることが可能です。例えば、排水の汚泥でもSUMIX炭であれば3,000~4,000kcal/kgを有することがわかっており、この数値であれば、燃料炭や木質ペレットの添加材として、買取がつく基準を上回っています。

【2.農業利用価値: SUMIX炭の圧倒的な発熱量

農業利用としては、肥料・土壌改良剤として育苗などで効果を発揮します。
SUMIX炭の有能性はすでに実証試験による立証データが存在しています。某大手育苗センターとの共同での、産廃物であるもみ殻から作ったSUMIX炭と、比較対象としてホームセンターで購入するくん炭肥料やこれまた高価な滅菌培土を使い、1,000以上のサンプル数を用いて、育苗の育成効果を試験した結果、お金を出して手に入れる肥料より、産廃物から作ったSUMIX炭の方が、圧倒的に植物の育成効果が高く、根張りも見た目に明らかに成長力の強い植物が育成されています。

【3.環境商材価値: SUMIX炭の圧倒的な環境改善効果】

環境商材の原料となる特徴として、SUMIX炭は、非常にきめ細やかな穴(いわゆるミクロ孔と呼ばれる2nm以下の大きさの穴)まで発達していることです。これほどに品質が高い(=ミクロ孔の発達度合いが高い、=穴がきめ細かく発達している)ことから、市販の高級な備長炭や竹炭に比べても10倍以上の比表面積(同重量当たり)を誇ります。
この品質の高さは、環境商材としての品質の高さに直結します。「臭気吸着剤」や「油・汚染物質の吸着剤」、「調質剤」、「果物や鮮度保持剤」などの活性炭としての能力において、通常の高価な有名製品に比べて、SUMIX炭が5~何十倍もの能力を発揮する素晴らしい環境商材としての価値を持つことが実証されております。

このように、SUMIX炭はその価値の高さから、燃料利用、農業利用、環境商材などの様々な分野において、販売ルートを確保することができます。

PAGE TOP

メリット(導入顧客)

  • ・廃棄物処理費用(産廃費等)を大幅に低減
  • ・企業全体としての産業廃棄物の排出量の削減
  • ・食品リサイクル法の順守(食品リサイクル法の指定に炭化もあり)
  • ・高品質な炭が製造でき、販売先も保証
  • ・高含水率の廃棄物でも処理可能
  • ・設置許可が不要となるケースがほとんど
  • ・補助金申請が可能
  • ・熱源の利用が可能(蒸気やお湯利用可)
  • ・発生ガスにより、ガス発電も可能(バイオマス発電・燃料のページへ)
  • ・「CO2削減効果」を謳えるケースが多い
  • ・経営アピールとして「環境対策企業」であることを広報できる

対象

排水汚泥、食品・飲料・生活品など様々な製造原料残渣、廃プラ、生ごみ、パック済み商品、含水率が高い廃棄物などあらゆる廃棄物

PAGE TOP

主な実績・クライアント

  • ●市役所
  • ●経済産業省行政委託事業受注
  • ●飲料メーカー
  • ●食品メーカー
  • ●薬品メーカー
  • ●農業団体
  • ●養牛、養豚、養鶏場などの家畜業者
  • ●住宅建設会社
  • ●海外案件の受注

PAGE TOP

補足:「バイオマスボイラー」と自動炭造機SUMIXの違い

バイオマスボイラーと自動炭造機を比較検討されているケースについて、

  • (1) CO2削減効果の高さ

自動炭造機SUMIXは廃棄物を焼却して炭を製造するのではなく、高温で蒸して炭を製造するため、処理部を焼却しません。自動炭造機は行政からの委託事業の結果、CO2の大幅な低減(約35%削減)が立証されています。そのため、顧客からすれば自動炭造機を導入するということは、環境対策を実施していることの裏付けになると言えます。

  • (2) 処理可能物の範囲が広い

処理可能物の炭造機SUMIXは処理可能物の範囲が広いことが特徴です。高含水率の汚泥やお茶粕、廃プラ、濃度の高い廃液、廃酸であっても処理が可能な設備です。
また、自動炭造機SUMIXは、将来的に能力が余った場合(当初予定していた処理物の投入量が減った場合)、他の処理物を混合することも可能な質的変化、量的変化ともに柔軟に対応できる設備です。

  • (3) より価値の高い物を生み出す

自動炭造機SUMIXはその名前にもある通り、処理物から「炭」を作り出します。
「灰」は付加価値が低いものですが、それに比べて、付加価値の高い「炭」を作り出します。SUMIX炭であれば購入を希望するという業者が複数存在し、紹介することが可能です。設備を導入する前に買取業者と仮契約を結ぶことが可能なおどに高品質な炭、それが自動炭造機SUMIXで作り出されるSUMIX炭です。自動炭造機SUMIXは高品質な炭を作り出すだけに留まらず、廃熱を利用して蒸気を作り出すことも可能です。自動炭造機SUMIXにおいてもバイオマスボイラーと同様に、炭造機の廃熱をさらに回収する手段として後工程で「廃熱ボイラー」を設置することも可能となっています。

  • (4) 自動炭造機SUMIXから出来た高品質な炭(SUMIX炭)は特殊肥料登録が可能(特殊肥料製造装置として申請も可能)

自動炭造機SUMIXの高品質な炭の製造であるため、肥料取締役法に定められた「特殊肥料登録」または「工業汚泥肥料登録」または「工業汚泥肥料登録」の申請を行い、行政が認める「特殊肥料」として登録することが可能です。設備の申請においても、特殊肥料製造装置として、設置申請が可能になります。

  • (5) 自動炭造機SUMIXは大気汚染防止法の対象となる煤煙施設に該当しない

自動炭造機SUMIXは、大気汚染防止法の対象となる煤煙設備には該当せず、追加の集塵装置の設置などの必要がありません。

  • (6) 自動炭造機SUMIXは完全脱臭機能を搭載

廃熱を利用した乾燥(脱水)時に臭気を発生する素材であっても、自動炭造機SUMIXのシステムでは直接燃焼による完全脱臭機能をつけられます。

  • (7) 自動炭造機SUMIXはメンテナンスが楽である

自動炭造機SUMIXは基本的にメンテナンスフリーを目指して作られている設備ですので、日々のメンテナンスが非常に楽な設備です。週に1回、30分程度固体化したタールを掻き出すだけです。

  • (8) 自動炭造機SUMIXは配管スケール防止対策も万全

自動炭造機SUMIXにボイラー機能を付帯する場合、フレスコのパートナー研究機関の独自技術によって開発されたスケール付着を物理的に抑制する装置を付帯可能です。これにより、スケール防止剤としての薬品代がゼロ、または薬品代の大幅な削減が可能です。また、用水に薬品を投入しないため、蒸気が安全になることも特徴です。

※当技術により、某大手製造企業の工場においては年間1,200万円のランニングコスト(薬品代)が、当装置の投入後1/1000になった事例があります。

  • (9) 自動炭造機SUMIXは熱効率がいいため、ランニングコストが非常に安い

自動炭造機SUMIXは処理物を炭化させる際に発生したガス(乾留ガス)を再燃させる仕組みを搭載しています。また、廃熱を再利用する機能も備えているため、効率的な熱利用を実現した設備です。

  • (10) 自動炭造機SUMIXは補助金の取得が可能(アピールできる点や対象となる補助金制度が多い)

自動炭造機SUMIXはバイオマスボイラーとしても申請可能です。有価物製造(特殊肥料等)やCO2削減という観点では、アピールできる点が大変多く存在します。また、再生エネルギー以外の補助金でも狙うことができる補助金が複数あることが自動炭造機SUMIXの特徴です。

  • (11) 価格競争力、コストパフォーマンスの高さ

自動炭造機SUMIXは、見積提出時に「他の設備と比べて、意外と高くない。むしろ、安い」と、価格競争力、コストパフォーマンスを認めていただけることが少なくありません。また、設備自体もそこまで大きなものではなく、コンパクトです。

パンフレットはコチラ

お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ

052-253-8225TEL:Mon-Fri 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ