事業内容Our Business

fRescoバイオ・スラリーイレイサー 汚泥超バイオ分解システム/余剰汚泥減容、汚泥減量、排水臭気対策、排水処理改善、排水処理費用削減、汚泥処理費用削減、BOD・COD低下環 境

こんな問題でお困りでありませんか?

排水汚泥の処理費用が高すぎると困っていませんか?

フレスコは、共同先研究所の独自の微生物の応用技術による、排水汚泥の発生量の削減、汚泥引き抜きをゼロ化し、産廃費用(処理費用)を激減させます。

PAGE TOP

製品概要(汚泥超バイオ分解の仕組みと結果)

汚泥分解の仕組み

余剰汚泥の固い殻を分解する特殊な混合菌を並行利用し、余剰汚泥を分解します。 この特殊手法により、fRescoバイオ・スラリーイレイサーは、活性汚泥法による排水処理設備での産廃汚泥発生量ゼロを達成します。
このfRescoバイオ・スラリーイレイサーの最大の特徴は、微生物の独自の組み合わせにより、通常それ以上分解できない汚泥をより細かく分解する事で、余剰汚泥そのものの発生をゼロにすることです。
また、新たに機械設備を導入するわけではないので、既存の設備を改変することなく、大規模な工事が不要であることも大きな特徴です。これらの特徴を活かして、汚泥の産廃費用ゼロ化、臭気低減などを可能にします。

PAGE TOP

フレスコの強み(希少技術と最適組合せ提案)

●本技術は排水汚泥「ゼロ化」の目的のための技術です。さらに、ベストな効果を狙い、コストパフォーマンスを最大化するために、以下の別の技術も併用提案しています。これらも代理店活動をしていますので、合わせてご検討ください。

◆グラニュー・スラリーイレイサー

◆エア・スラリーイレイサー

●当社は代理店優遇価格でご提供可能です。販売店経由、直販よりもお得になります。

●fRescoは他の複数の汚泥処理技術とともに導入効果が最大となる「組み合わせ提案」を検討することが可能です。まずはヒアリング調査・サンプル試験をさせていただき、最適な組み合わせから、最も高いコストパフォーマンスでのご提案ができます。

具体的には、排水処理の汚泥ゼロ化を目的とする「グラニュー・スラリーイレイサー」と「バイオ・スラリーイレイサー」、汚泥の減容・減量を目的とする「エア・スラリーイレイサー」です。

PAGE TOP

fRescoバイオ・スラリーイレイサーによる効果

まず、産廃として出る余剰汚泥が溜まらなくなるので、汚泥の引き抜きが不要になります。そして、汚泥の脱水装置、乾燥装置、汚泥の焼却炉も不要になります。それにより、今まで汚泥処理にかけていた産廃費用だけでなく、汚泥処理装置の電気代、燃料代、メンテナンス費用などのランニングコストも無くなります。
また、薬品使用量も減少、またはゼロになるので、薬品の購入費用が減り、薬品の注入装置も不要になります。

PAGE TOP

導入事例

全国40以上の施設で余剰汚泥ゼロを達成し、その中には東証一部上場の大手企業や、10年以上余剰汚泥の引き抜きが不要になった施設もあります。(導入先の条件次第ですが、)見学を申し入れることも可能です。

1.汚泥、汚水分解(産廃汚泥ゼロ)

I社 石油化学関連工場 排水処理場
H社 化学工場 排水処理場
T社 食品加工工場 排水処理場
S社 コングロマリット 工場&研究所内 厨房除外処理場
伊勢原市/小中学校の浄化槽、大山阿夫利神社の各浄化槽 (その他多数)

2.油脂分解(産廃油ゼロ)

J社 物流関連関連/センター内 浄化槽内の鉱物油
H社 某飲食チェーン/セントラル工場 油脂分離槽内の堆積油脂
H社 工場 油脂分離槽内の堆積油脂          (その他多数)

3.悪臭分解

伊勢原市/小田原市/綾瀬市 等 小中学校のトイレ含めた悪臭分解
各種工場の保管汚泥 悪臭対策             (その他多数)

【導入事例1 某薬品メーカー】

排水処理設備において、余剰汚泥ゼロ、薬品投入ゼロなど、排水処理費用の大幅低減を実現。

 

導入前の施設仕様

曝気槽にオリジナルブレンドの微生物群を投入しただけで

①余剰汚泥ゼロ
②薬剤投入ゼロ
③脱水設備、焼却設備不要
④悪臭低減
⑤流入水質の変動に対しても放流水が安定

【導入事例2 某食品メーカー】

排水処理設備において、余剰汚泥ゼロ、薬品投入ゼロなど、排水処理費用の大幅低減を実現。

 

導入前の施設仕様

曝気槽にオリジナルブレンドの微生物群を投入しただけで

①余剰汚泥ゼロ
※繊維残渣のみ年1回の引き抜きを実施
②薬剤投入ゼロ
③脱水設備不要
④悪臭低減

PAGE TOP

導入までの流れ

導入までの流れ


ご相談、お見積依頼などは問合せフォームよりご用命ください。

PAGE TOP

メリット

  • ・汚泥の産廃費用削減、ゼロ化
  • ・薬品使用量削減、ゼロ化
  • ・COD、BODの低下
  • ・臭気改善
  • ・設備への不可低減
  • ・汚泥脱水機が不要になり、電力削減
  • ・焼却設備が不要になる、燃料費削減
  • ・下水放流化

対象市場

  • ・食品工場、化学工場の排水処理施設
  • ・下水処理場、上水処理場、排水処理業者
  • ・各種浄化槽
  • ・各種グリストラップ
         

PAGE TOP

お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ

052-253-8225TEL:Mon-Fri 9:00~18:00

メールでのお問い合わせ